--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.09.09 (Sun)

さよなら絶望先生 

一話完結式。毎回時事ネタ、自虐ネタ、作者の知識などを使って、特定の言葉や事柄に焦点を当てたギャグを展開する。伏字などを使い、分かる人には分かる時事ネタやパロディ、ギャグが特徴。これは、前作『かってに改蔵』から続く作風であるが、前作に比べればマニアックなネタや強烈な毒気のあるギャグやパロディは減っている。このほか、前作と異なり、漫画家や漫画作品に対するパロディなどはほとんどない。さらに前作と異なり少数の強烈なキャラ(名取羽美や坪内地丹)のみで展開させないこともあり、前作に比べると毒気は薄くなっている。内容も若干一般・社会派向けになっている。wikiより


【More・・・】

第1話 さよなら絶望先生

第2話 トンネルを抜けると白かった

第3話 その国を飛び越えて来い

第04話 「ヒジニモ負ケズ ヒザニモ負ケズ」

第5話 シミと毒だし

第6話 「見合う前に跳べ」

第7話 「ある朝、グレゴール・ザムザが目をさますと神輿を担いでいた」

第8話 「私は宿命的に日陰者である」

第9話 「富士に月見草は間違っている」

第10話 「生八ツ橋を焼かねばならぬ」

スポンサーサイト
EDIT |  15:55 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

作品カテゴリー

ジャンル別アニメ

放送中のアニメ

おすすめサイト

リンク

ブロとも申請フォーム

検索フォーム